oikata.jpg
第28回「秋田の住宅コンクール」秋田県建築士事務所協会会長賞受賞 「老方のいえ」
第9回JIA東北住宅大賞2015 優秀賞受賞


ひろ建築工房ホームページはこちら

2008年10月30日

絶滅危惧建築

2Hくんと(えんぴつか)くどいな。見てきた建築を少し。

秋田市から車で北へ1時間ちょっとで「北欧の森」ってのがあります。
秋田で北欧の森ってのも??秋田の森じゃダメなのか?そんな話はどうでも良いので、
すみません。森じゃなくて杜です。「北欧の杜」

今年行われた全国植樹祭の会場へ行ってきました。
安藤忠雄氏が設計されたメイン会場の木組みのテント。只今解体中です。
維持管理を考えると解体した方が安くすむのでしょうね。

二ツ井にある宮脇檀氏が設計された旧秋田相互銀行二ツ井支店。
この支店は他の宮脇氏の一連の銀行作品の中ではかなり状態が良いです。
現在、駐車場になっている場所は竣工当時、遊具が置かれてました。
外壁の色はオレンジのような朱色だったような気がします。

次は「旧大館木材会館」特に行く予定はなかったのですが、大館のえんとつというレストランに行きたかったので行く途中で発見できれば見てくるくらいで行って探す事2〜30分。

あった〜〜〜〜!
早速、事務の女性へお願いして外観のみの撮影してお食事へ。

全行程1日で300kmくらい走りました。
いやぁ〜。結構走りましたね。建築見てある記、また行ってきたいと思います。

DSCN2222.JPG futatsui001jpg.jpg DSC_0039.jpg

大館の「旧大館木材会館」白井晟一氏が設計されたらしいのですが、施工業者が軒を三尺短くしてしまったらしく、年鑑等でも「旧大館木材会館」計画という活字を見る事はできるのですが、白井氏のどの作品集や年鑑にも写真は掲載されていないと聞きます。

以下「現代の建築家 白井晟一 鹿島出版会」から部分引用
切妻型の大屋根をいただいたバルコニーをもつファサード、その規模、それらは<秋ノ宮役場>とウリふたつのような姉妹作品なのだが、「施工業者が左右に張り出した大屋根のヒサシを勝手に三尺ずつ短くした」と白井氏はソッポを向き、自作として認知しなかったのだ。と朝日新聞社勤務の浅野敞一郎氏が書かれています。

たしかに秋ノ宮役場と姉妹のようなニュアンスは現在もあるような気がします。
車庫兼倉庫が邪魔で全体像が・・・・・・。1953年竣工ですから55歳なんですね。
だいぶ手は入ってますが、それなりの雰囲気は残ってます。







ランキング参加中です。クリックお願い致します。ランキングバナー
posted by ひろ at 14:27 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築見てある記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。