oikata.jpg
第28回「秋田の住宅コンクール」秋田県建築士事務所協会会長賞受賞 「老方のいえ」
第9回JIA東北住宅大賞2015 優秀賞受賞


ひろ建築工房ホームページはこちら

2018年05月31日

富山の内藤さん

富山県美術館を見学してきました。
富山市の街並も美術館もとてもよかった。
美術館は大胆でありながら繊細。
内藤建築の良さを改めて感じさせてもらいました。
信用して良い建築です。
見てない方は是非!お奨めです。

CDA7209F-4681-4FCA-A049-C2AB9783C55B.jpg231CB6B4-772B-4AED-A34E-FD93635F2DA0.jpg53E3A0D4-2C2F-45CF-8E03-2CBEE8F76088.jpg74348BCF-B735-4462-893E-BCF789E51413.jpg6593EDA2-8EF0-45C8-AD31-3BEEF443D6B7.jpg




ランキング参加中です。クリックお願い致します。ランキングバナー
posted by ひろ at 18:45 | 秋田 ☁ | Comment(0) | 建築見てある記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

鶴岡参上d(^_^o)

連休中に鶴岡市に建設された「荘銀タクト」を見学してきました。
なかなかのフォトジェニックさで、さすが妹島さんの設計、素敵な建築でした。
小さい建築ですが内部ホール部分は重く、外部に面するファサードは軽くダイナミックで素敵だと思います。
地元にはあまり評判よくないみたいですがその内風景に馴染むような気がしてます。
鶴岡の街も少し見てきましたが、地方都市独特の雑然とした雰囲気もあるけど、新しい建築と古い建築が融合し市役所周辺に集まっているのは街の歴史的厚みを感じます。
徒歩圏内に見所沢山ありますし、街を流れる川、水路、堀など特に何かをしているわけでは無い水辺があるのも素敵でした。
また行ってみたい街です。
FD9BDBCA-96F6-46E2-91B6-6C2DE2D86057.jpgB3EF419C-22A6-46EA-8A3A-8544AD80AAD7.jpg42B47FA8-58C1-44AF-B7FA-0E5E444652AF.jpg88E91428-5EFE-4CC2-8BEA-3178882726CF.jpgDD1763EA-8B76-4897-94D5-6EDADF2A14BD.jpg



ランキング参加中です。クリックお願い致します。ランキングバナー
posted by ひろ at 10:27 | 秋田 🌁 | Comment(0) | 建築見てある記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

こんな素敵な建築もある

きょうはやぼ用で大館市まで。

大館市役所は登録有形にも何も指定されているわけではないですが

この階段は残す意味があると思ってます。

誰も褒めないので褒めときます。(笑)

本当に素敵な階段です。

最初見たときは本当に驚きましたゼ!!

設計者は知らないのですが、素晴らしいセンスの持ち主である事は明白です。

60年前の竣工ですが古さを感じさせないモダンがあります。

youtubeで発見!!
https://www.youtube.com/watch?v=_9QOmPvKVMU
小畑市長!これを壊しちゃいけませんよ。

この建物こそ残すべきだと思うのですが…

大館市役所002.jpg 大館市役所001.jpg

ランキング参加中です。クリックお願い致します。ランキングバナー
posted by ひろ at 00:11 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築見てある記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

奥田酒造

これもあった!!

白井晟一設計の奥田酒造。

先日、国登録有形文化財の指定を受けたはず。

白井作品としては初めてだと思います。間違ってたら指摘してください。

50年以上経た建物が文化財指定の目安になるそうです。

秋田に残っている初期の白井作品は50年位の建築が多いから

今後の維持管理は大変だろうと察します。

持主の好意しか残る道がないのが何とも残念な感じがする。

四同舎は只今空き家になっております。誰か借りてリフレッシュしてくれないかなぁ。

使ってないのはもったいない気がする。

ってな事で最近の奥田酒造。
okudatei.jpg

ランキング参加中です。クリックお願い致します。ランキングバナー
posted by ひろ at 23:32 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築見てある記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

由利本荘文化会館チラ見

ここんところ月一で更新中。自堕落でスミマセン。

最近、外で仕事(出稼ぎと呼んでいる)をしているので帰宅後はヘロヘロです。

歳を感じすぎる今日この頃。(^^)

先日仕事で由利本荘市へ行って来たのでついでにチラ見してきました。

honjyo01.jpg honjyo02.jpg honjyo03.jpg

最近の建築は軽くて白くて細くてってのが定番ですが、そこはルイス・カーンの最後のお弟子さん。

新居千秋さんは骨太で重厚な感じがボク的には◎なのです。

昭和な匂いと平成の造形がいい感じで好きです。竣工が楽しみな建築であります。

そろそろ竣工ですかね!!

スワンハウスと同じ建築家とは思えないんだよなぁ〜!

スワンハウスはちょっと変わってるっかな位しか思わなかったけど、

由利本荘市の建築は文句無くいいと思います。戸田建設さんは苦労しただろうなぁ。

お疲れさまでした。m(--)m

まだ終わってないね。(笑)

ランキング参加中です。クリックお願い致します。ランキングバナー
posted by ひろ at 23:23 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築見てある記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

北東北建築ツアー

8月3日に東京からtsumiki/つみき設計施工社。の河野くんとももちゃんが来秋!!
熱烈歓迎 ようこそ秋田へ!

3日
横手にある白井建築「昨雪軒」を外からチラ見!次に湯沢にある「試作小住宅」は

植木選定している親方に了解を得て外観を見る事ができて嬉しかった。同じ湯沢にある

「四同舎」(酒造会館)はもう閉鎖してしまったので、これも外からの見学になって

しまい少々残念。

夕方から秋田公立美術工芸短大の石垣研究室のみなさんとBBQで盛り上がったりして

楽しい一日目が終了。

4日
角館の武家屋敷を見学。

観光化され過ぎた武家屋敷にはガッカリさせられた。

観光化する前に治すべき所があるのではと思う。

稲庭うどんを食べに県南の稲庭まで車を飛ばす。工場とショップ&レストランが

併設されている建物は立派だった。

夕方から設計仲間の平野内さん宅へ河野くんとももちゃん+合流した友人のごうくんと

四人でお邪魔。竿灯を特別席で観覧でき感激。

(平野内さん宅は竿灯演技が目の前で観覧できる場所にあるのです。素敵)
 
日にちが変わるまでお邪魔してしまいご迷惑かけました。

5日
この日は前日合流したごうくんと十和田市にある西沢立衛さんが設計した

「十和田市現代美術館」へGO。途中、奥入瀬渓流ホテルでコーヒータイム。

出された水があまりにも美味しかったので「美味しいですね」と声をかけたら

「八甲田山からの湧水です」との事。美味いはずである。近くを通ったら是非寄って八甲田山の

湧水と湧水いれたコーヒーを楽しんでみて欲しい。

奥入瀬渓流ホテルから小一時間で十和田市へ到着。到着が16時過ぎになってしまった。

普通だったら見学できない時間帯なのだが、幸運にもレイト開館中。ナイトツアーに

参加できるほど時間はないので普通に見学。

ちょっと気分的に駆け足になってしまったので、もう一度ゆっくり見学してみたいと思う。

ここでごうくんとはお別れ。また会おうと約束して十和田市を後にする。

帰りは八戸道〜盛岡経由で秋田へ帰る。途中盛岡の「食道園」で冷麺と焼き肉で晩ご飯。

ここはやっぱり美味い。

秋田着はギリギリその日に到着。お疲れでした。

6日
最終日は二人を送って仙台まで。

途中、石巻の現状を見学。

やはり気仙沼と同じで線を引いたように惨状が広がっていたのには心が痛くなった。

日本国の政治家の何分の一しかあのガレキの山を見ていないのではないかと思ってしまう。

早くあのガレキの山を撤去してあげる方法はないのだろうか?

石巻を見学後に仙台駅まで二人を送る。

いい建築を創りたいと思う仲間を集めて、世代を超えて学びあえ、刺激しあえる事ができ、

サマースクールのようなものが今後できたら素敵な世代交流ができるのではないだろうか?

河野くん・ももちゃんと一緒に仲間を巻き込みながら創って行こうと思う。

左から「昨雪軒」 「試作小住宅」 「奥入瀬渓流にて」
sakusetsuken.JPG shisaku.JPG oirase.JPG

「奥入瀬渓流ホテル」岡本太郎作品2題 「十和田市現代美術館」
taro1.JPG taro2.JPG towada.JPG

この数日彼らと行動を共にしていて思った事が、白井晟一が生前言っていた

「プリミティブでナイーブ」という言葉があったと記憶しているのだが、

二人の考えや行動が「プリミティブでナイーブ」なのである。

白井晟一は建築を表現する言葉として使ったのだろうが、行動を起こす人間にも

当てはまるのではないかとボクは思う。

きっと彼らは何かを変える行動を起こすだろうし、少しづつでも変わるような気がする。

ちょっとだけ先に生まれた者として負けずに頑張らねばと思う。
(ちょっとか?と言う指摘は聞かない事として 笑)

ランキング参加中です。クリックお願い致します。ランキングバナー
posted by ひろ at 14:16 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築見てある記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

田んぼの中のロンシャンもどき

あっという間に4月終了!!2011年の1/3が終わった。

写真は27日の日付になっているから3日ほど前になる。

仕事で湯沢まで行ってきた。

以前から気になっていて見る事が出来なかった建物をチラ見して来た。

何とも言えない雰囲気が漂いすぎる。(笑)


設計者とクライアントはどう思って建てたのか?????

?マークのオンパレードであった。

中途半端すぎてコメントしようがない。

当事者はオマエのコメントなどいらん!!と思っているだろう。

畑の中のパルテノンは威厳があったが田んぼの中のロンシャンモドキは

しょうがないじゃん。としか言いようがない。(苦笑)

これもアリなのだと思うほど歳を取ってしまったようだ。
yuzawa03.JPG yuzawa02.JPG yuzawa01.JPG
自分の中でびみょう〜に腹が立つのと笑えるのと混在してしまった。

見たい!!って思った方は湯沢インターのすぐ近くですので行ってみたら い か が。

ランキング参加中です。クリックお願い致します。ランキングバナー
posted by ひろ at 23:59 | 秋田 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築見てある記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

鹿角市花輪

気がつけばもう2月。

ここ数日は寒さも少し緩んできた感じだったのだが、

きょうはまたまた寒い。冬へ逆戻りだ。

でも考えてみたらまだ2月、例年通りの気温らしい。

ちょっとでも緩んできたりすると寒いのが余計にこたえる。(歳の問題とは思いたくないが)

先日花輪の友人へ薪の調達に行ってきた。

当日はすっかり冬模様!!途中の温度はマイナス五度!これでも少しは良い方か?

そんな道中の写真をうPしてみた。
hanawa001.jpg     hanawa002.jpg
右の写真は道路境界が不明。でも盛り上がっているのが路肩ですよっと。赤白のポールが境界。

hanawa003.jpg hanawa006.jpg hanawa004.jpg
花輪にある登録有形文化財の旧関善酒店。
なんでも数日前にこみせに車が突っ込んで修理中との事。悲しいお話でした。

商店街の端にこの建築はあるのですが、端だったんで生き残った感がありあり。

商店街はポストモダンのしくじったような建物のオンパレード。設計した人間の品性を

疑いたくなるような建物があふれていたし、建て主が可哀相になってきた。

建築と文化は結びつかないものなのかと考えさせられる一日だった。

ランキング参加中です。クリックお願い致します。ランキングバナー
posted by ひろ at 23:19 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築見てある記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

初!川越。

初!川越です。先週の日曜日のこと!!

休日だったものでビックリするくらいの人・人・人!

初めての街で初めてのものを探してほとんど外した事がないです。(ちょっと自慢)

川越も何処に蔵群があるのかも知らず、ましてや下調べもせずに行ってしまう無謀さ!

これでほとんど大丈夫だったんだから自分でも信じられないくらいの幸運さです。

友人が埼玉に住んでいるので何度も行っているのだけれど、なんと初!川越。

ウイークデイに行けば人も少なかろうにと思うのだけれど、行ってしまったのだから

しょうがない。(笑)形だけ保存して観光地って所じゃないのでかなり素敵です。

休日のみ開店しているお店も無いわけじゃないのだろうが、何せちゃんと呼吸している街であり、

住まっているのが凄い街です。

古い蔵造りの床屋さんとか和菓子屋さんとかちゃんと生きてるなぁって感じがいい街でした。

kawagoe1.JPG Kawagoe2.JPG kawagoe3.JPG

左は川越っていったらこれでしょう的な絵ですね。真ん中はボクがとても気に入った額屋さん。

ちょっと西洋の香りがしませんか?

パリの街角にあっても不思議じゃない感じがしますね。右は蔵造りの街並み。

休日だったんで人と車で超混みでした。

こんな風景はちょいと昔であればどんな街にもあったような気がしてます。

地元秋田であれば通町とかこんな感じになれたような気がします。ところが、道路を拡幅して

建物を建替えた時から衰退が始まった事に当人達は気がついているのだろうか?今は通過する

だけの街になってしまった。踏ん張ったのは高砂堂さんだけだったのは悲しい事実です。

古いものを壊すのは簡単だけど、100年経った物はそんなに簡単には手に入らない事を良く知る

べきだと思う。川越の街を歩きながら地元の残念さをしみじみと感じてしまった一日でした。

ランキング参加中です。クリックお願い致します。ランキングバナー
posted by ひろ at 02:28 | 秋田 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築見てある記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

SDレビュー2010

一週間前になりますが行ってきました。「SDレビュー2010」

一年ぶりのヒルサイドテラス。
なんか懐かしいような、でも昨日も来たような感じ!!
当事者ではない気軽さがあってとても楽しく作品を拝見する事ができました。

SD2010.jpg
9月20日夕方の会場風景。

力作揃いで楽しかった〜〜。
新たなやる気をもらって来ました。お仕事お待ちしてます。(笑)

ランキング参加中です。クリックお願い致します。ランキングバナー
posted by ひろ at 19:44 | 秋田 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築見てある記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

「黒石ほるぷ子供館」に行ってきた。

久しぶりの一人建築見てある記。
青森県黒石市にある菊竹先生設計の「黒石ほるぷ子供館」を見学。
1975年竣工だから35年を経た建築である。自分の高校入学と一緒だ!(汗)

とても手入れが行き届いているので35年という年月を感じさせないくらい若々しい建築である。
菊竹先生の作品の中でも「出雲大社庁の舎」と「黒石ほるぷ子供館」は別格な感じがするのはボクだけだろうか?
Holp.jpg
「ほるぷレーダーが今年から動くようになったんですよ。」とほるぷ全般の管理を任されている
毛利さんが嬉しそうにお話ししてくれた事が印象深い。
毎日リファレンサーの毛利さんが掃除をしてくれる「ほるぷ」はさぞかし幸せであろうと思う。
沢山の人の良い想いが詰まった建築は長生きするような気がする。
毛利さん貴重なお話をありがとうございました。また伺いたいと思います。

「ほるぷ」を後にして弘前市へ向かった。
前川先生の斎場を見学したかったのだが、現場まで行って外観の写真だけ撮影して市内へ戻った。
市内の素敵な建築を何枚か撮影してきょうの見てある記は終了!!
秋田まで3時間少々。近いと分かってはいるもののなかなか来れていない。
もう一度斎場を見学に来たいと思う。どこを見学しても宿題を残してくるのがボクのクセのようだ。(笑)
まだまだ見たい建築、見ていない建築が多いなぁ。
maekawa.jpg hirosaki.jpg aomoriken.jpg 
トリミングがうまくいかずバラバラな大きさになってしまって反省しきり。横のサイズは合わせてます。
左から前川先生晩年の設計になる弘前市斎場。中が市内にあった質屋さん。何かいい感じ。
右が青森犬です。中央病院だったかの向かいにあったような??看板で顔が切れちゃって残念。
設計を生業とする人間は旅をし、よい建築を見なければ!と思った一日でした。

ランキング参加中です。クリックお願い致します。ランキングバナー
posted by ひろ at 02:26 | 秋田 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築見てある記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

大館にはこれもありました

そうそうこの建物もアップしなくちゃですね。

大館樹海ドームと樹海体育館。
樹海ドームは伊東豊雄さんの設計で施工がドームスペシャリストと呼んでいいのか?
竹中工務店のコラボレーション。なかなかの迫力で見学していて楽しかったですね。

県内の建物ってしっかりと見ていないものが多くて今回はじっくりと見せていただきました。
樹海ドームは見学料が必要なのですが、お金払って見られるってのが分かりやすくって◎です。
JukaiDome.JPG Jykai002.JPG
樹海体育館は石本設計事務所の設計との事。伊東さんと明らかに違うのが入口廻りの高さ。
組織事務所とアトリエ系の事務所ではスケール感が違いますねぇ。
あなたの好みはどちらですか?

ランキング参加中です。クリックお願い致します。ランキングバナー
posted by ひろ at 23:12 | 秋田 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築見てある記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

大館その2

先週大館へ用事を足しにちょいと行ってきた。
坂さん設計の今井病院の託児施設と体育館を勝手に見学。
体育館は半地下の感じが良かった。しかし、託児施設はもっと良かったなぁ。

大館へ行く機会のある方は市役所と合わせての見学を勧めます。
imai002.JPG imai001.JPG imai003.JPG
隣同士とは思っていなかったので、やっぱり建築は見ないとダメだなと改めて思った次第。

ランキング参加中です。クリックお願い致します。ランキングバナー
posted by ひろ at 17:09 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築見てある記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

町屋見学!

先日、地元にある町屋の実測調査を見学してきました。

ボクは実測してないです。見てるだけでした。(汗)
実測作業をされたI先生お疲れさまでした。
watakoh01.JPG watakoh02.JPG watakoh03.JPG
商売をされていたらしいので、造りも凝っていてとても素晴らしい町屋です。
今、新築するつもりでこの町屋に手を入れるともう5〜60年は楽に持つと思うのですが、
家主さんにとって住んでいない住宅に手を入れるのはなかなか難しい事だと思います。
今は住まう住民もなく寂しい限りです。

新しい物が全て善で、eco住宅を新築するより、こんな古い家に手を入れて住まう
事が本当のecoなのでは?とボクなどは思うのですが・・・。

古い家に住まわれている方々は壊す前にちょっとだけ考えて欲しいです。
色々な歴史の形がそこで終わってしまうのですから。

ランキング参加中です。クリックお願い致します。ランキングバナー
posted by ひろ at 23:56 | 秋田 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築見てある記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

カトリック新発田教会

日本の建築界に偉大な足跡を残したアントニン・レーモンド。
故 前川國男や故 吉村順三など日本を代表する建築家が氏の事務所に務めている。
当時は務めていると言うよりも学んでいると言った方が良いかもしれない。

レーモンドはフランク・ロイド・ライトのもとで学び、帝国ホテル建設の際に一緒に来日し、
以後日本に留まりモダニズム建築の作品を東京を中心に数多く残した。そんなアントニン・レーモンドの1966年竣工の作品がカトリック新発田教会である。
shibata001.JPG shibata002.JPG shibata003.JPG
レンガはとても雰囲気があるのだが、木材の架構が気になる。
西洋と日本の違いなのだろうか?

ランキング参加中です。クリックお願い致します。ランキングバナー
posted by ひろ at 01:17 | 秋田 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築見てある記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

東洋のパルテノン

東洋のパルテノンまたは畑の中のパルテノンと言って理解できる人はかなりの白井ファン
なのではないだろうか。
1956年に竣工した旧松井田町役場を見てきた。現在は安中市の資料館として使用している。
最近の市政合併で周辺の町村が合併し安中市へ変わったとのこと。
私などは松井田町と言ってもらった方が馴染むのだが・・・・。

matsuida002.JPG matsuida001JPG.JPG matsuida006.jpg

竣工して53年を経た現在にあっても建築の風格と斬新さが伺える。
良い建築と言うのは時代を超えた佇まいというものを持っているように感じる。

バルコニーの手すりと壁の明かり取りに後の横手厚生会病院(取り壊し)の外壁の
ニュアンスというか原形を見る事が出来る。
横手は金属製だったのだが、ここはコンクリート製になっている。
重さとか施工性とかで進化したのだろうか?

matsuida003.jpg matsuida004.jpg matsuida005.jpg

建物の中へお邪魔すると玄関に白井氏の顔写真のお出迎えがある。
二階ホールには役場の模型とか工事中の写真なども数点展示されている。

説明していただいた市の方によるとこの建物の耐震診断をされたらしい。
結果はいうまでもなく最低だったとの事。市長さんも保存して使用して行きたいと
思っているとの事。しかし、耐震診断が最低では市の施設としては・・・。

この建築を最近の建物と同列に扱う事がそもそも無理な話なので、文化財として保存利用
をしていただければと願う。

秋田にある初期の白井氏の作品についても同じようなものだと聞いている。
白井氏が設計した四同舎は事務所としても使用されていないようだ。できる事なら文化財
として保存してほしい。松井田町役場にもよい刺激になりはしないだろうか?

建築と呼べるものでも壊す事は簡単である。スクラップ&ビルドだけでは見えない何か
大事なものを見落としているような気がしてならない。

ランキング参加中です。クリックお願い致します。ランキングバナー
posted by ひろ at 20:56 | 秋田 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築見てある記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

横手興生病院

きょうは朝から寒くってそろそろ冬の匂いになってきました!!風が冬の音になってきましたから。空の上の方でびゅ〜〜って鳴ってます。寒〜〜!
我が家&事務所できょうから薪ストーブが活躍です。あったけぇ〜〜。極楽!極楽!

横手興生会病院が建替えが終わったらしい。
新病院での診察は始まっていると思います。

新病院はこんな風に変わりました。
kousei-004.JPG kousei-005.JPG kousei-006.JPG
残った旧館を取り壊ししている最中でした。(裏から撮影してます)
旧病院の外壁の一部を取り入れていますが、なんか痛々しいです。いっそ全部新しい方がよかったような気がします。無理に使わなくても良かったのでは?

旧病院の雄姿を
kousei-001.JPG kousei-002.JPG kousei-003.JPG
こっちの方が存在感はあるんだけどなぁ。実用に耐えられなくなってしまったのかな?

1962年の竣工ですから46歳でしたね。
建築も50歳を過ぎると文化財に申請できるみたいなのですが・・・・やっぱり残念です。


ランキング参加中です。クリックお願い致します。ランキングバナー
posted by ひろ at 22:06 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築見てある記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

昨雪軒

以前からまた見に行ってみたいと思っていた白井晟一氏設計の「昨雪軒」。
時間があったので、今日ちょっとだけ見てきました。
近くにある「横手興生病院」も建替え後が気になっていたので。

「昨雪軒」いいです。
もみじが紅葉してまた綺麗な事!写真の数倍綺麗です。
塀の中の庭に落ち葉が散っていてまたこれが何とも言えず綺麗だった〜〜〜〜。
この季節ならではのたたずまいでした。

sakusetsuken.JPG sakusetsuken002.jpg sakusetsuken003.jpg

建築は実物を見るに限りますね。スケール感、たたずまい、ロケーション。
全てが揃っての建築でしょうから。建築家の深い思いに驚かされます。

良い建築を見るといつも思います。精進、精進と。
「横手興生病院」は次の機会に紹介します。


ランキング参加中です。クリックお願い致します。ランキングバナー
posted by ひろ at 19:43 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築見てある記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

今年もあと2ヶ月

今年も残すところあと2ヶ月。
早いですねぇ〜。そろそろ来年の準備も始めなくては!!

先日、角館に「ジブリの絵職人、男鹿和雄展」を観に行ってきた時に角館にある建築も見てみました。
有名な建築家の作品3題です。
そのうち2人は鬼籍の人に。

大江宏氏設計の平福記念美術館(ここで男鹿和雄展が開催されてました)
小さなかわいらしい美術館です。隣の伝承館よりよっぽど良いです。

宮脇檀氏の旧秋田相互銀行角館支店
何回も見ているのですが、現存を確認という意味合いで。

地元角館出身の渡辺豊和氏の西長野小学校
これは最近まで小学校として使用していたらしいのですが、小学校の統廃合で
廃校になったみたいです。

大江宏氏設計の平福記念美術館
oga001.jpg oga002.jpg DSCN2163.JPG
アプローチが緑豊かでとても良い雰囲気を醸し出してます。意外なくらい良いです。

宮脇さん設計の角館支店   渡辺豊和氏設計の西長野小学校
DSCN2175.JPG oga007.jpg DSCN2180.JPG

西長野小学校はまだまだ現役で頑張ってもらえそうな建築です。
子供たちがいなくなって建物にまで精気が無くなってしまったみたいです。
今後どう使われていくのかが気になります。

明日から11月。今年もあと2ヶ月!!元気に頑張らなくては。

ランキング参加中です。クリックお願い致します。ランキングバナー
posted by ひろ at 22:08 | 秋田 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築見てある記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

絶滅危惧建築

2Hくんと(えんぴつか)くどいな。見てきた建築を少し。

秋田市から車で北へ1時間ちょっとで「北欧の森」ってのがあります。
秋田で北欧の森ってのも??秋田の森じゃダメなのか?そんな話はどうでも良いので、
すみません。森じゃなくて杜です。「北欧の杜」

今年行われた全国植樹祭の会場へ行ってきました。
安藤忠雄氏が設計されたメイン会場の木組みのテント。只今解体中です。
維持管理を考えると解体した方が安くすむのでしょうね。

二ツ井にある宮脇檀氏が設計された旧秋田相互銀行二ツ井支店。
この支店は他の宮脇氏の一連の銀行作品の中ではかなり状態が良いです。
現在、駐車場になっている場所は竣工当時、遊具が置かれてました。
外壁の色はオレンジのような朱色だったような気がします。

次は「旧大館木材会館」特に行く予定はなかったのですが、大館のえんとつというレストランに行きたかったので行く途中で発見できれば見てくるくらいで行って探す事2〜30分。

あった〜〜〜〜!
早速、事務の女性へお願いして外観のみの撮影してお食事へ。

全行程1日で300kmくらい走りました。
いやぁ〜。結構走りましたね。建築見てある記、また行ってきたいと思います。

DSCN2222.JPG futatsui001jpg.jpg DSC_0039.jpg

大館の「旧大館木材会館」白井晟一氏が設計されたらしいのですが、施工業者が軒を三尺短くしてしまったらしく、年鑑等でも「旧大館木材会館」計画という活字を見る事はできるのですが、白井氏のどの作品集や年鑑にも写真は掲載されていないと聞きます。

以下「現代の建築家 白井晟一 鹿島出版会」から部分引用
切妻型の大屋根をいただいたバルコニーをもつファサード、その規模、それらは<秋ノ宮役場>とウリふたつのような姉妹作品なのだが、「施工業者が左右に張り出した大屋根のヒサシを勝手に三尺ずつ短くした」と白井氏はソッポを向き、自作として認知しなかったのだ。と朝日新聞社勤務の浅野敞一郎氏が書かれています。

たしかに秋ノ宮役場と姉妹のようなニュアンスは現在もあるような気がします。
車庫兼倉庫が邪魔で全体像が・・・・・・。1953年竣工ですから55歳なんですね。
だいぶ手は入ってますが、それなりの雰囲気は残ってます。





ランキング参加中です。クリックお願い致します。ランキングバナー
posted by ひろ at 14:27 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築見てある記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。